FAQ

よくある質問

どんな人が利用されていますか?

妊活中の方や妊娠中の方、1歳半ごろまでのお子さまを持つママやパパ、そのご家族が対象です。
授乳・断乳・卒乳の相談をしたい、パパとの関係性に困っている、初めての育児でとにかく不安、数時間だけお家で赤ちゃんを見てもらいたい、など、皆さまの相談や機能はそれぞれですのでぜひご活用ください

プログラムの1回だけの利用は可能ですか?

可能です。
ただし、ご利用にはいずれかのプランへの入会が必要になりますので、お支払いは、月会費 + プログラムご利用料金となります。
※月会費=ベーシックプラン or 低月齢ベビーシッタープラン or ロイヤルプランにおける会費のこと

診断はしてもらえますか?

申し訳ありませんが、 このサービスでは診断することはできません。

ベビーシッター中に家事もお願いできますか?

赤ちゃんの安全が確保できる範囲で可能です。
例:赤ちゃんがお昼寝中に洗い物をする、お洗濯物を畳むなど

オンラインのプログラムはどのツールを使いますか?

基本的にはZoom (無料ビデオ通話アプリ)を利用しております。

月の途中でも入会できますか?

はい、いつでも入会可能です。

キャンセルについて教えてください

【キャンセルポリシー】

(1) ご予約自体のキャンセル
  ご予約「確定後」にユーザー様都合でキャンセルされる場合は、
  プログラム開始前までの時間により以下のキャンセル料が発生いたします。
  ●72時間~48時間前: 当社手数料を含む予約したプログラム費用料の30%
  ●48時間~24時間前: 当社手数料を含む予約したプログラム費用料の50%
  ●24時間~プログラム開始前: 当社手数料を含む予約したプログラム費用料の100%

※プログラム費用とは、ベビーシッターなどを含む、ジョサンシーズが提供する訪問サービスやオンライン講座などのことを指します。

⑵ 利用時間の短縮・時間帯変更
ご予約「確定後」にユーザー様都合で予約時間の短縮・時間帯変更をされる場合は、以下のキャンセル料が発生いたします。
  短縮:短縮された時間に対して、部分キャンセル料を頂戴いたします。
      発生割合は⑴と同様
    例)47時間前に、10:00-15:00を10:00-14:00にご変更された場合
      →部分キャンセル料 1,500円(1時間料金(3,000円)の50%)

  時間帯変更:担当者が変わらず、トータルのご利用時間が同一 / 増加の場合に限り、
        キャンセル料なしで変更可能です。

※短縮される場合は部分キャンセル料が発生します。
※当初担当者をキャンセルし、別担当者にて再調整となった場合は、当初担当者が予定していた
   プログラム料金全体に対して、キャンセル料が発生いたします。

いつでも退会できますか?

“退会” もしくは一時的に利用を停止したい ” 休会”という設定が可能です。
・退会:ご登録いただいたすべての情報を削除するとともに、月会費の請求を停止します。
・休会:ご登録いただいた情報を残したまま、月会費の請求を停止します。

退会もしくは休会したい場合、月会費決済日を含めず2営業日前までに以下専用フォームよりお申し付けください。
サービス休会・退会フォーム
休会の場合、 また再開されたい際にはLINEよりご連絡ください。
※すでに支払い済の月会費の払い戻しはできかねますので、ご了承ください。

ベビーシッターの保険加入内容を教えてください。

ジョサンシーズでは以下の保険に加入しています。

加入している保険

■賠償責任保険 (https://www.notion.so/josanshes/bc6902413d994e428f7aac2c4f9a077a?pvs=4

損害保険ジャパン株式会社の「賠償責任保険」に加入しており、シッテイング中に発生した対人、対物事故について対応しております。

賠償責任保険とは弊社ならびにシッター業務に携わる者が法律上の賠償責任を負担することになった場合、被害者に対しておこなう損害賠償をを塡補する目的の保険です。

■傷害総合保険

損害保険ジャパン株式会社の「傷害総合保険」に加入しており、シッテイング中に発生したお子様のケガについて対応しております。傷害保険とは、お子様が急激かつ偶然な外来の事故によりケガをされた場合に補償する保険です。補償範囲は、死亡や後遺障害、入院や通院を日額方式でお支払い致します。

保険適用の内容

■賠償責任保険

詳細

補償内容補償限度額
施設所有者管理者賠償身体  1名 1億円 / 1事故 5億円
財物 1事故 500万円
生産物賠償身体  1名 1億円 / 1事故 5億円 (期間中5億円)
財物 1事故 500万円 (期間中500万円)

■傷害総合保険

死亡・後遺障害保険金額1,000,000円
入院保険金(日額)1,500円
通院保険金(日額)1,000円
  • 公益社団法人全国保育サービス協会の基準を満たししております

保険申請の対象となる事故例

【傷害総合保険の事故例】

サポート中にお子様が怪我をされた場合

【賠償責任保険の事故例】

サポート中に誤ってジョサンシーズ認定パートナーが器物を損壊してしまった場合

なお、保険適用につきましては、保険会社がジョサンシーズ認定パートナーの過失度合いを確認・判断されまして、その度合いに応じて保障金額をお支払いすることになりますので、当時の状況などをユーザー様とジョサンシーズ認定パートナー双方からお伺いする形になりますので予めご了承ください。(物損の場合の損害賠償額は、当社と損害保険ジャパン株式会社が締結している賠償責任保険契約に定める給付水準額を上限とします。損害賠償額は、時価額相当となり、購入当初の金額での保障とならない場合もございますのでご了承ください。)

なお、ジョサンシーズを利用せずに個別に直接ユーザー様とジョサンシーズ認定パートナーの間で成立したご依頼につきましては保険が適用されませんので、弊社サービスを用いたサポート依頼をお願いします。

保険適用の可否につきましては、弊社運営窓口(support@josanshes.com)までお問合せくださいますようにお願いいたします。弊社より、お怪我の状況や物損状況など、保険適用に必要な情報をメールにてお伺いさせていただきます。

災害に備えた対策について教えてください

安全なサポートを行うために、地震や他の災害に備えて以下の項目について、低月齢ベビーシッタープランの初回ご利用時には必ず担当シッターとご確認いただきますようお願いいたします。

非常用持ち出しバッグ

災害時には避難所に持参する必要があるものを事前に用意しましょう。ベビーシッターを依頼する際は、非常用持ち出しバッグの場所をシッターに伝えてください。

非常用持ち出しバッグの中身の例

飲料水や食料品(カップラーメン、缶詰、ビスケット、チョコレートなど)、貴重品(預金通帳、印鑑、現金、保険証、お子様の保険証またはコピー、母子手帳など)、救急用品(絆創膏、包帯、消毒液、常備薬など)、防災用具(ヘルメット、防災頭巾、軍手、マスク)、懐中電灯、携帯ラジオ、予備電池、携帯電話の充電器、衣類、下着、タオル、毛布、洗面用具、使い捨てカイロ、ウェットティッシュ、携帯トイレなどがあります。

乳幼児のお子様がいる場合は、以下のものも準備してください

ミルク(キューブタイプや液体ミルクなど)、哺乳瓶(使い捨てのものが便利)、離乳食、お椀、スプーン、ラップ、おむつ、防臭袋、おくるみ、アルミブランケットなど。

避難場所と経路

ベビーシッターを依頼する際に、地震や災害が発生し避難が必要な場合に備えて、事前に避難場所と経路を地図や実際に歩いて確認しておいてください。これにより、冷静に対応することができます。

安否確認の方法

災害時にはスマートフォンや携帯電話の通信が不通になる可能性があるため、災害用伝言ダイヤルなどをご利用ください。
https://www.ntt-east.co.jp/saigai/voice171/

お子様と鍵の引渡し方法

災害が一時的に収束した場合にお子様を引き渡す場所について、事前に確認してください。また、シッティング場所を離れる際には鍵の引渡し方法も事前に確認しておいてください。

サポート場所(ご利用者様宅)を離れる際の注意点

災害が発生し避難が必要な場合、二次災害を防ぐためにガスの元栓を閉めるようにシッターへ伝えてください。電気のブレーカーを落とし、できるだけ家電のコンセントを抜くことも併せてお伝えください。

虐待の防止について

お子さまの人権を守ります

私たちのチームは、「児童の権利に関する条約」に従い、お子さまが適切な養育を受け、健やかな成長や自立を果たすための権利を守ります。ジョサンシーズのシッターはお子さまの人権に十分配慮を行います。
参考: 児童虐待防止対策(厚生労働省)

児童虐待防止のために

私たちは、お子さまの心身に苦痛を与えることのないように注意し、お子さまの人権を尊重します。また、自身の行動にも留意し、虐待と疑われる行為をしないように努めます。さらに、ユーザー様と信頼関係を築き、お子さまの個別の状況を把握しながら、家庭支援を行います。

早期発見と報告

もしもシッティング先の家庭で不適切な養育が疑われるような場合には、私たちは「児童福祉法」や「児童虐待の防止等に関する法律」に基づき、迅速にジョサンシーズ運営や児童相談所などの関連機関に報告します。お子さまの最善の利益を考慮しながら、虐待を早期に発見し対処することを重視しています。

シッティング時の緊急対応について

お子さまの安全第一

緊急時には、シッターはお子さまの安全を最優先に行動します。
急な怪我や事故が起きた場合、状況に応じてシッターは緊急度を判断し、応急手当や救急車の手配を行います。
その後、救急隊員や医師に引き渡し、お子さまの安全が確保された段階で、ユーザー様に状況と経緯を報告します。

最新の緊急連絡先を登録してください。

ご登録の電話番号や緊急連絡先が変更された場合は、速やかに最新の情報を提供してください。
また、追加の連絡先がある場合には、連絡する順番や優先順位も教えてください。

病院への受診が必要な場合

お子さまの急な怪我や体調の急変など、 早急に病院への受診を検討する必要がある場合は、シッターへ受診の指示を行うことが可能です。
急な事態に備えて、シッティングを依頼する際には、以下の情報をシッターに伝えてください。

・お子さまの平熱や既往症
・かかりつけの病院と連絡先
・保険証の保管場所

事故が発生した場合

急な怪我や事故がシッティング中に発生した場合は、シッターはすぐにユーザー様に報告し、当日の経緯もジョサンシーズ運営に報告します。
報告内容によっては、お子さまの様子や保育場所の状況をお伺いすることがありますので、ご協力ください。
シッティング終了後に心配な症状が出た場合は、ジョサンシーズ運営までお問い合わせください。

万が一、重大な事故が起きた場合

保育施設等で発生した重大事故については、行政への報告が義務となっています。ジョサンシーズのシッティング中に重大な事故が発生した場合は、担当シッターとジョサンシーズが行政に報告します。

低月齢ベビーシッターサービスに関するお問合せ・申込みはこちら
LINE友達登録でクーポン配布中
低月齢ベビーシッターサービスに関するお問合せ・申込みはこちら
LINE友達登録でクーポン配布中